杢保小児科医院(小児科・アレルギー科・予防接種) 〒762-0082 香川県丸亀市飯山町川原972-1 TEL:0877-98-2010

こどもの病気|杢保小児科医院(もくぼしょうにかいいん)小児科・アレルギー科・予防接種

こどもの病気とケア

赤ちゃん:下痢の時の注意
 ここでは、治療以外の家庭でできる対応をお話ししましょう。

 

 赤ちゃんは、体が小さい上に水分比率が大人より多い特徴があります。そんな赤ちゃんが下痢をすると、思った以上に体から水分やミネラルがたくさん出てしまいます。その分しっかり補わないと脱水になります。

 こんな時一番いいのはやはり赤ちゃん用イオン飲料です。冷たいとおなかに刺激になります。あたたかいのが一番良いでしょう。ミルクは下痢がひどいのなら2/3位の濃さに薄めます。いつまでも良くならないのなら、乳糖(母乳やミルクの甘みの成分)の入っていないミルクに替えましょう(ラクトレス・ノンラクト等)。母乳の場合はそのままで良いでしょう(乳糖分解酵素の薬もあります)。食事は離乳食初期のでんぷん中心の食事とします。果物はバナナを潰したものとリンゴをおろしたもの、桃のカンズメ以外はさけましょう。後は便性の回復にしたがって、普段の食事に戻していきましょう。

  • お電話からの自動音声でのご予約は下記の番号までお電話ください。電話番号:0877-98-2400
  • インターネットからの予約はこちらから
  • 携帯電話からのご予約はこちらのQRコードを読み込んで下さい。
このページの先頭へ